スポンサーリンク

「負の性欲」はなぜバズったのか? そのヤバすぎる「本当の意味するところ」とは?

スポンサーリンク
心理学
スポンサーリンク

会社経営の傍ら、心理カウンセリング・コンサルタント講演・コンプライアンスに基づく講義なども行っています

りゅうこころです。

今回も何かしら読んでいただけると幸いです。

「負の性欲」はなぜバズったのか? そのヤバすぎる「本当の意味」

2019年11月28日──ツイッターのトレンドに、突如として「負の性欲」なる禍々しいオーラを放つ4文字のワードが登場し、その日ずっとトレンド欄から消えることはなかった。もうツイッターは、いや、インターネットは終わりなのかもしれない。もともと「負の性欲」とは、「リョーマ」と名乗る(アンチ・フェミニスト系の)アカウントが2019年7月に考案したワードである。「女性による、よりよい子孫を残すための男性に対する選別と、そうした選別によって『アウト』と判定した相手に対して(自己防御的に)発露する生理的嫌悪感」を指し示す語だった。

彼のアカウントはツイッター規約に違反しているとされて凍結された。「負の性欲」が爆発的な流行を見せ、ミームとして急成長したのは、発案者がツイッターを去った後のことだった。

「キモい」「生理的に無理」といった拒否反応を、他人に向けることの加害性に無自覚な人びとに対する批判的説明として、「負の性欲」ということばには、大きな説得力があったのだろう。「キモい」ということばを向けられる男性は、「侮辱や差別を受けた被害者」ではなく、むしろ「女性に不快感を与えた加害者」とされる。そうした状況に違和感を抱く人びとのなかで鬱積していた思いを、「負の性欲」ということばが当意即妙に代弁し、巨大なバズ・ワードとして猛烈な速度で成長したのだ。

一般に、生物のオスは自らの遺伝子をより多くのメスに播種しようとする。いわば、自分の遺伝子を「拡散」させることに強いインセンティブがある。理論的には、オスは同時に複数のメスに自分の遺伝子を抱えさせることができるためだ。


一方のメスは、同時に複数のオスからの遺伝子を受け入れられるわけではない。周囲に100のオスがいたとしても、一度の妊娠では単一のオスの遺伝子を受け継ぐほかない。したがって、より優れた子孫を残すためには、オスのなかでもより優れたものを「厳選」することに強いインセンティブがある。実際に人間においても、男性はより多くの相手との短期的な配偶機会を求める傾向があり、女性はより少ない相手との長期的な配偶関係を求める傾向があることが示されている。言い換えれば、オスの性欲は「交渉権の行使」であるのに対して、メスの性欲は「拒否権の行使」であるともいえる。

「負の性欲」が一気に拡散した理由には、「負」という語に「悪い」というニュアンスを読み取った人びとからの拒否反応や怒りもあっただろうが、それは誤解である。皮肉なことに、そうした人びとからの「拒否反応」こそが、まさに「負の性欲」が指摘する内容そのものであった。自分にとって到底受け入れがたい男性のことを遠ざけたい、ましてやそうした男性が性欲を自分に向けることなど言語道断、断固として拒絶したいと感じることを「それは(負の)性欲だよ」などと言われて腹が立つのはわからないでもない。しかし、そうした「怒り」や「軽蔑」の表明こそがまさに「よりよい子孫を残すための拒否権の行使」の一環であることを、「負の性欲」ということばは説明しているのだ。

こうした自然な営みを言語化した「負の性欲」について、「『性欲』などという(汚らわしい)ことばを使うな」という女性からの怒りの申し立ては、逆にいえば「私は性欲や本能などではなく、あくまで社会的正当性や理性に基づいて男性を評価している(望まない男から向けられる性欲は「加害」であり、これを退けるのは当然の権利だ。けっして性欲ではないし、負[BAD]ではない)」と主張するものだ。逆に、雑誌の「抱かれたい男ランキング」などにズラリとならぶ男性俳優やアイドルに、女性たちが黄色い声を上げるのはまさに「交渉権の行使」と言えるし、「35歳過ぎた女は無理だわw」などという男の言動は、まさに「拒否権の行使」そのものであろう。

結果、どちらも肯定できる部分はあるし否定すべき点もある。「負の性欲」というとてつもないインパクトのある言葉がバズったのは現代社会の女性離れを象徴するかのような発信だったからなのかもしれない。

りゅうこころでした。

『 大変な勉強ともサヨナラ!!心理学に基づいたこの考え方 をマスターすれば、学校の成績 も確実に UP する ! その考え方とは』 のこたえ!!!|りゅうこころ ryukokoro|note
まず、このページに来てくれたあなたの選択は正しい!!ロジックの変革にこそ!!そして心理学士が教える勉強法にようこそーーー!!歓迎します! 会社経営の傍ら、心理カウンセリング・コンサルタント講演・コンプライアンスに基づく講義なども行っています、りゅうこころです。ryukokoro 『 大変な勉強ともサヨナラ!!心理...
タイトルとURLをコピーしました