スポンサーリンク

北朝鮮は友達!日本は敵!韓国反日教育

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク

会社経営の傍ら、心理カウンセリング・コンサルタント講演・コンプライアンスに基づく講義なども行っています、りゅうこころです。ryukokoro

日本でこんな事が行われようものなら『民主主義に反する』『思想良心の自由に反する』『教師のパワハラだ』と大騒ぎされそうなことが、現実未だに韓国国内で行われている事をご存じだろうか?しかもそれを良しとしない韓国の学生達が抗議活動を行っている事、こちらもほとんど知られていないのではないでしょうか。

超学歴社会の韓国では高校の時に「受験を人質」にされる状況で反日行動をやらされていると、韓国の現役高校生が語っている。彼は「仁憲高校学生守護連合」の代表として『自国の反日教育・強要はおかしい!』と声を上げ、民主国家である大韓民国に一石を投じたのだ。世論を味方につけるとはいえすごい勇気だと思う。実のところこの事実は私も「文藝春秋」1月号を見て初めて知ったのです。

民主主義国家なのですから表現は自由です。でも歴代の韓国大統領、逮捕だったり失踪だったり自殺だったり。国家としてこれで成り立っているのが不思議なくらいです。我が国も「こんなぬるま湯をよく国民は許しているものだ」言われればその通りなのですが。『事なかれ主義』ですからね、日本人は。それが治安に於いて、ある意味良い影響を及ぼしていたのかもしれません。

でも昨今の事件で「自分がやらなければと思った」などという事件を見ると

自己の主張とやってはいけない事がくちゃくちゃになって区別がつかなくなっているのも否めない事実です。

全ては極論ではなく「中庸」がよい。

私は生徒たちに教えています。

りゅうこころでした。ryukokoro

ここでしか明かされないりゅうこころ、考え方の秘密。「僕は白ではなく漆黒、水になれなきゃ毒になれ!」|りゅうこころ ryukokoro|note
会社経営・心理カウンセリング・教育コンサルタント・人材育成(ヒューマンリソース)講演家、りゅうこころです。ryukokoro はじめに このnoteをこんな高額設定にさせていただいたのは、 「普段絶対明かさない、僕の頭の中だから」 です。 読まれた方の中には幻滅される方もいらっしゃるでしょう。 それでも...
タイトルとURLをコピーしました