スポンサーリンク

感染爆発していないのは「PCR検査を実施していないから」ではない!!

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク

会社経営・心理カウンセリング・教育コンサルタント・人材育成講演を行っております、りゅうこころです。ryukokoro

「日本はPCR検査を積極的にしないから感染爆発していないし、医療崩壊もしていない」という誤ったツイートを沢山見かけたので書きます。

目次

  1. 違いますから!!
  2. 肺炎とコロナ肺炎の違い
  3. 最低でも7割、極力8割の接触減を
  4. コンビニのレジで店長を殴った69歳
  5. まとめ

違いますから!!

なぜ内閣総理大臣が『緊急事態宣言』を出したんだと思いますか?PCR検査をしても陽性反応の出ない保菌者が世の中にメチャメチャ居るからですよ。実際に「味覚がおかしい」とか「微熱が・・・」なんてPCR検査を受けたとしましょう。これはあくまでも統計数値ですが、そこで陽性反応が出る確率は30%と言われています。言い換えれば、『保菌者なのに陽性と出ない人』は70%もいるという事なのです。むしろ集団で検査をすることの方が感染爆発を増大するのです。

肺炎とコロナ肺炎の違い

我々は「すりガラス」なんて表現しますが、肺炎球菌によって肺炎になった患者様のCTを診ると、わかりやすく書きますと「白い」のです。でもコロナウィルスに関しては肺炎球菌まで白くない、むしろ例えるなら「すりガラス」なのです。そして爆春的感染力を持ち、非常に脅威な存在。所謂「隠れ保菌者」が一斉に病院に押し掛けて検査したところで陽性反応が出るか出ないかわからない状態で、一番クラスターを発生させてはいけない病院で発生させることを防止するために、政府は「自粛してください」と言っている訳です。

最低でも7割、極力8割の接触減を

そう、日本国の総理大臣が言っているのにも関わらず、4/20(日)には大阪でパチンコ屋に列が出来たり、東京では「関係ない」と桜見物に人が押し寄せたり。一部の理解の無い人間がクラスターを起こしている事に対する危機感が無さすぎます。そういう人に限って変な所で持論を展開したり、他人にイライラをぶつけたりする厄介者になるのです。

コンビニのレジで店長を殴った69歳

丁寧に小銭を手渡ししようとした女性店員にいきなりキレて、怒鳴ったそうです。それを聞き付けたコンビニの店長が制止したところ、男に殴られたと。理由は『コロナが移るかもしれない、手渡しは不衛生だろ!』というものらしいのですが、私は言いたい。

「知ってますかー?世の中で最も不衛生なものは現金ですよ!貴方は支払った段階でもう汚れています!」

と。しかもこの人を減らして営業している銀行に押し掛け、「コロナがついていると嫌だから新札と替えてくれ」とか、もうバカ丸出しです。こういう人は『手を洗えば菌は死滅する』と本気で思い込んでいる人です。そして『自分さえ良ければそれでいい』という理不尽で利己主義な思想の持ち主です。(不要不急の外出は控えましょう)と言われているこの最中に「暇だから小銭を貯金しようと持ってきた」というバカがいるとニュースで聞きました。世の中で最も汚いお金を大量に、この自粛が必要な時に銀行に持ち込む。本当に頭がおかしいとしか思えません。

まとめ

「パニックになっている」とか「よくわかっていない」なんて言葉が使われますが、私は断固として言い切ります。『違う!判ろうとせず、思いやりが無いだけだ!』と。なんでこの様な非常事態でみんなで乗り切ろう!という流れの時に(自分だけはええやろ)と思えるのでしょうか。日本人の美意識はどこへ行ってしまったのでしょうか?情けなくなります・・・

りゅうこころでした。ryukokoro

タイトルとURLをコピーしました