スポンサーリンク

承認する

スポンサーリンク
心理学
スポンサーリンク

会社経営の傍ら、心理カウンセリング・コンサルタント講演・コンプライアンスに基づく講義なども行っています、りゅうこころです。ryukokoro

管理職の方・営業職の方などは必見です!!

画像1

目次

  1. 承認していない人の特徴
  2. ではどの辺りが承認できていないと言われるのか
  3. 言葉は見返りを求めないプレゼント
  4. アレコレ無駄な事を悩んでいる暇があるなら
  5. むしろ邪魔です
  6. だからといって

承認していない人の特徴

そもそも、「部下が言う事を聞いてくれない」とか「営業成績が取れない」なんて言う方に限って自分の事しか考えていないのですよ。

『貴方、承認できていませんよ』って言ってるのに、「そんなことは無い、部下の事を一生懸命考えてる。お客様の事を最優先に、常に考えている」なんて言葉をよく聞きます。だから、それが承認できていないって事なのです。

本当に考えている人は 「考えている」 なんて言葉を使いません。この言葉を使うという事は、貴方が傲慢で自分中心に考えている証拠なのです。

それはなぜか。数字を残す事が出来る人や、部下が良い成長の仕方をしている方は見返りを求めません。「数字や人は後からついてくる」とはっきりと共通して言葉で言われます。

画像2

ではどの辺りが承認できていないと言われるのか

・ 部下の誕生日を覚えていますか?

・ 部下の奥様の誕生日は?部下の良い所を100個言う事ができますか?

・ お客様がどれだけ魅力的か100項目あげられますか?

こんな初歩の初歩ができない様ではあなたの為に人は動いてくれません。

当然ですよ。自分の事を大切に思ってくれない上司についていこうと思いますか?自分の事をよくわかってくれていない人から物を買おうと思いますか?

心理学

言葉は見返りを求めないプレゼント

目先の成果や数字を求めすぎて、足元がお留守なのです。そりゃ部下はついてこないし、お客様はほかの所から購入しますよ。そんな人から買おうと思わないはずです。

これは営業話法などではなく、心理学なのです。見返りを全く求めない様な神様みたいな人間は居ません、私だって下心はあるし計算します。でも「見返りを求めていないフリ」はできます。フリでいいのです、見破られることが無ければの話ですが。

「自分は顔に出ちゃう」という方はせめてお仕事の時間内だけでも『見返りを求めない言葉のプレゼント』をしてください、言葉はタダですから。この記事を読んで「アホクサ!!」と思ったあなた、終わってます。もしこのブログの書いてあることの真意を愚直に心に落とし込み、実践したならばあなたの周りには素晴らしい人材と素晴らしいお客様が自然と集まる事でしょう。

画像4

アレコレ無駄な事を悩んでいる暇があるなら

先ずは騙されたと思って部下の良い所、お客様の素晴らしい所を100個ノートに書いてみてください。スラスラ書く事ができたなら、貴方はこのブログを見る必要はありません。

でも30個とか、頑張ったけど60個・・・という人は人間観察が足りないか、自分の物差しだけで判断基準を決めています。営業成績を上げるために、貴方の部下を承認してあげるのに、あなたのちっぽけなプライドや偏った判断基準は全く必要ないのです。

画像6

むしろ邪魔です

人間誰でも「認められたい・褒めてもらいたい」という承認欲求があります。貴方が求めている事は、結局のところ最後に自分がうまくいけばよいのでしょう?だったら今は他人を承認するマインドを身に着けるべきです。

もちろん部下が利己主義なことを言い出したら愛情を持って叱る。部下も解りますよ。その言葉に愛情があるかどうかは。部下やお客様の中にある愛情タンクに注ぎ続けるのです。それがいっぱいになってあふれ出した時、あなたの周りには人が集まっている事でしょう。それはひとによってまちまち。器が大きくてすごく時間のかかる人もいれば、もうすぐにでも溢れそうなマインドを持っている人もいて千差万別です。

画像5

だからといって

だからといってやらないと・・・どんどん枯渇していってしまい、貴方は何もかも失いかねません。すごく恐ろしい事です、写真の様に巨大な隕石が降り注ぎます。それらは運よく海に落ちたとしても、何十メートルの津波となって結局あなたは沈んでしまう事になるのです。

言葉で他人を動かそうなんて傲慢な事を考えている人は誰も動いてくれません。言葉は自分を動かすためのツールであり、他人を承認する為のスパイスなのです。

さあ、今すぐに承認するという思考形態に切り替えましょう!きっと素晴らしい未来が貴方を待っています!

りゅうこころでした。ryukokoro

高い講演料を払って聞きに行かなくてもあなたの知りたい事はここにある!心理学士で経営者が語る30年分の知識と経験を文章にしてあります。もしあなたが知りたい事があったらコメントください。その案件について私が出来る限り解説します。さあ、私の40年分の知識と経験を開いて御覧なさい!きっとあなたにもいろいろなものが見えてくるはずです。

りゅうこころのブログ | 何度も挫折しうつ病から半身麻痺になり、何度も死にたいと思った。でも今は復活して会社経営しています。そんな僕だから寄り添えることを発信するブログです。
「私がヘレンケラーを殺した」|りゅうこころ ryukokoro|note
会社経営の傍ら、心理カウンセリング・コンサルタント講演・コンプライアンスに基づく講義なども行っていますりゅうこころです。ryukokoro 今年は東京オリンピック・東京パラリンピックの年です。さて今回は『他人と違う』という理由から差別している人、そして『自分を差別してしまっている人』に向けて(HSP)について書こう...

タイトルとURLをコピーしました