スポンサーリンク

知ってほしい『リスカ』(リストカット症候群・手首自傷症候群)について

スポンサーリンク
心理学
スポンサーリンク

会社経営の傍ら、心理カウンセリング・コンサルタント講演・コンプライアンスに基づく講義なども行っています


りゅうこころです。


今回も何かしら読んでいただけると幸いです。


「知ってほしい『リスカ』について」(リストカット症候群・手首自傷症候群)


リストカットは10代~20代、未婚の女性に多く見られます。調査によると、男女比は2対8くらいの割合で女性に多く、おもに、家族、主治医、看護婦との対立、些細な失意をきっかけにして、自分の手首を傷つけます。本人は死ぬつもりだったと言いますが、それほど深い傷ではありませんし、死にいたる人はまれです。


寧ろその逆で、「傷つけて出血するのを見て(自分は生きている)という確認なんだ」と患者様の多くから伺います。「痛みがある」「出血する」「傷が残る」等で精神的に不安定な時には一番身近な自傷行為です。ですから生きるための自傷行為であり、死ぬための自傷行為ではありません。


多くの場合、特に母子関係の間に原因が認められます。成長と共に女の子は、母親に接近と反発という矛盾に富む態度をとるようになります。仲間との交友関係が十分に発達すると母親との関係は悪化しませんが、仲間が作れず、母親に愛着せざるをえない女の子もいます。そのため、母親に近付き支配しようとしますが、別離・自立の葛藤からおこる行動ですから母親に対する愛着を挫折してしまいます。こうしたとき、両親の対応が適切でないと問題行動に走り、リストカットにいたります。リストカットは、拒否する母親と、女の子自身の「見捨てられた感」をあらわしていると言われています。第二次成長期を迎える女の子にとって一番そばにいて寄り添って欲しいのはお母さんです。そのお母さんが娘と距離を置いたり、諦めてしまう様なそぶりを見せたりするとリストカットに及ぶ可能性が高いと言われています。


自傷部位のほとんどが手首の内側の表皮で、浅い切傷です。まれに、腕、足、顔、腹部などを切ることもあります。手首を傷つけるときに用いられる道具は、ほとんどがカミソリかカッターです。ハサミを用いる場合もあります。そして、この行動は、一回だけではなく、数回、十数回と、繰り返す人が多いです。周囲の目を引こうとして行ったり、攻撃衝動を外に向けることができず自分に向け「母親に愛されない自分の存在が許せない」と思ったり、「自分という存在はこの世界に必要ないのかも知れない」といった考えを否定するために痛みや流れる血などを見て自己の生命を再確認し安心感を得るために行われます。


リストカット以外の症状としては、憂鬱感、食欲不振、器物破損、短時間の意識喪失、神経症、引き篭もり、性的無軌道、薬物依存、うつ病、盗みなどがあげられます。これらの破壊衝動が止められない状態まで来ると、他人を傷つけたり自らの命を投げ出してしまう人もいるので、言い方に問題ありかもしれませんが、「傷が浅い内」に沢山コミュニケーションを取って『あなたが必要なのです』と心に訴える事が必要です。「痛いでしょ?そうしたい気持ちは分からないわけじゃないよ。でも、リストカットをして最後に困るのは誰?」、「辛いだろうけど、そんなことしなくても私はそばにいるよ、だからゆっくり治していこうよ」など共感を交えつつ注意喚起して、行為を減らしていくのが良い方法です。


リストカットにおいては、行為自体を責めることは絶対にしてはいけません。また、無理矢理やめさせようとするのもしてはいけませんこのような周囲の行動は、本人に対し過度のストレスとなり、更なるリストカットに走らせる結果になる場合が多いです。さらには、こころの拠り所を失い絶望し、自殺などにいたるケースもあります。本人の中で自傷行為は自分の精神を安定させる有効な方法の一つとなっていますので、それに代わるものを考える方がよいです。先ずは多くのケースに見られる「昼夜逆転」を解消すること、孤独にせず一緒に衣食住を共にする事なども大きな成功事例として挙げられています。


他人との一体感を得るために別の心配してくれる人を探し出して、その人に分かるようにしてリストカットを行う傾向があります。その人が驚いて大騒ぎして、本気で心配してくれればいいのです。本人にとって、心配してくれる人というのは自分のことを分かってくれる、非常にありがたい人なのです。つまり「心配されること」=「理解されること」と言う図式になっているのです。リストカットを何回も繰り返していると、やがて周囲の人はその演技のように見えてきてしまい、『またか』というように、だんだんと関心を持たなくなっていきます。もし誰も心配してくれる人がいなくなったとしたら、本人は絶望してしまい、本当に自殺してしまうことがありますので注意が必要です。そうなる前に「あなたが悪い訳ではない、病気がさせているのだから一緒に治しましょう!」と協力体制を取って心療内科や精神科を受診する事が解決の近道だと言われています。また「リスカ」の場合はカウンセリングも有効です。「話を聞く・共感する・認めてあげる」という事が出来るカウンセラーは患者さんの大きな心の支えになるでしょう。精神的に落ち着けば治まる場合が多く、年齢と共に自傷行為をする人口は減っていきます。これは、年齢に応じた経験により自己を確立する術を手に入れたからだと考えられます。特に結婚・出産などを経験した女性は非常に強い精神力と心で普通の人よりも生き抜く力が備わっていると言われています。今回は「 『リスカ』について」(リストカット症候群・手首自傷症候群)を知ってほしくて紹介しました。


りゅこころでした。

『 大変な勉強ともサヨナラ!!心理学に基づいたこの考え方 をマスターすれば、学校の成績 も確実に UP する ! その考え方とは』 のこたえ!!!|りゅうこころ ryukokoro|note
まず、このページに来てくれたあなたの選択は正しい!!ロジックの変革にこそ!!そして心理学士が教える勉強法にようこそーーー!!歓迎します! 会社経営の傍ら、心理カウンセリング・コンサルタント講演・コンプライアンスに基づく講義なども行っています、りゅうこころです。ryukokoro 『 大変な勉強ともサヨナラ!!心理...
タイトルとURLをコピーしました