家族

未分類

クリスマスにはケンタッキー!!!

会社経営の傍ら、心理カウンセリング・コンサルタント講演・コンプライアンスに基づく講義なども行っています、りゅうこころです。ryukokoro 今日は「クリスマスイブ」という事で、ちょっとした雑学を。 「クリ...
心理学

あの人、うつ病っぽくない?って思ったら(家族編)

会社経営の傍ら、心理カウンセリング・コンサルタント講演・コンプライアンスに基づく講義なども行っています、りゅうこころです。ryukokoro 「あの人、うつ病っぽくない?って思ったら(家族編)」 ...
小説

7665日の物語 32 (最終回)

帰り道、線路沿いを歩いていた。結構遅い時間なのにハイヒールを履いた 女性がコツコツと前を歩いていた。「後ろを男性が歩いていたらそれだけで 怖いだろうな。。」と勝手に思い、『こんばんは!』と声を掛けた。 「え?、なに?」と...
小説

7665日の物語 30

目が覚めた。というより看護師さんに起こされた。『風間さーん、 起きてますかー?わかったら瞬きしてください』・・・「パチリ」 自発呼吸の確認、嚥下確認が完了するまでそこから1ヶ月掛った。呼吸器は 外れ、食道に入れられたチュ...
小説

7665日の物語 28

するとどうだろう。驚いた事にアルバイトさん、パートさん自らが考え行動 するようになったのだ。 『どうしたらお客様に喜ばれるのか』 『どうすれば売り上げをUPさせる事が出来るのか』 『どうしたらもっと褒められるのか』...
小説

7665日の物語 27

営業の世界では「未達は悪者・達成は正義」なのだ。ここまで目標達成して なおかつ大きく上回ったら、管理職で本社に戻ってこい!といわれても何ら おかしくない。でも。。。僕はそれが嫌だった。まだ若いし東京という町に ある本社で...
小説

7665日の物語 26

翌朝いつも通りジョギングと柔軟をしてシャワーを浴び朝食を食べ、 僕達は学校へ向かった。朝礼の中で先生から出た言葉。 『えー、3年生の皆さんは本格的に進路を決める事になるのですが・・』 そうだった!どうしよう!国立大学に行...
小説

7665日の物語 24

自宅まで約200メートルという所で背筋がゾクッとしたのと同時に 『かーーざーーーまーーー!!!!!』 という声が聞こえた。明らかに本気で殺しに来ている、殺気だ!! 『茜ちゃん、逃げて!!』そう言って僕は彼女の前に...
小説

7665日の物語 22

翌朝コンコンと部屋のドアをノックする音と共に、 『風間君、起きてる?我が家は朝ごはんはみんなで食べるのー』 と茜ちゃんの声。 『ありがとう、起きてます。すぐ行きます!!』 『はーい、待ってるねー♬』 何だこの...
小説

7665日の物語 21

『押忍!おはようございます!』これはご商売などをされているには常識だ と思うが、「その日が始まる・その日初めて顔を合わせる」という意味で挨 拶は昼でも夜でも「おはようございます」なのだ。トラックが師匠の家のか ら走り去っ...
タイトルとURLをコピーしました